動画セミナー

ビジネスに動画を活用したいけど、できることなら外注せずに自分の力で動画制作してみたい…と思っている事業者様は多いのではないでしょうか?
実際YouTubeなどを見ていても、プロに外注したような動画ではない、スマートフォンを使って撮影・編集したような動画がたくさん上がっています。プロが作った動画のクオリティには及びませんが、手作り感が逆に好印象を与える動画も多いです。自分のスマートフォンで撮影・編集できるようになれば、コストがかからない分より多くの動画を定期的に発信していくことも可能です。

 

■このような皆様にセミナーを受講していただいています。

●スマートフォンを使ってPR動画を自ら発信していきたい事業者様。

●「お金をかけずに、簡単に動画制作をしたい」と思っている事業者様。

…など、グループ単位でお申込みいただいております。

…会社の広報担当者様グループや、青年団体様に人気のセミナーです。座学だけではない参加者中心の進行で、チームワーク力もアップします!

 

■こんな実績があります。

100%
4時間のセミナー受講後、自分のスマートフォンでの動画編集をマスターできた参加者

80%
「思ったよりも簡単に動画編集ができた」と回答したセミナー参加者

 


■動画セミナーのメニューと料金

スマホを使ってマスターする、動画制作セミナー
(4時間のセミナーで、ご自身のスマホでSNS用の動画を撮影・編集できるようになるコースです。絵コンテの作り方を学び、音楽やテキスト挿入など、ベーシックな動画が作れるようになります。)
1グループ
5~12名5万円~12万円

(税別)

上記は標準価格です。案件ごとに見積りを作成させていただきますので、まずはご相談下さい。

 

■実施例

京都漆器青年会様向けスマホを使った動画制作セミナー

▲京都漆器青年会に所属されている、漆器づくりや漆器の販売、材料の販売などに従事する11名のお客様に向け、動画制作セミナーを開催させていただきました。皆様のお持ちのスマホが、iPhone/Androidと分かれていましたので、どちらでも使える無料ソフトAdobe Premier Clipを使って動画制作を学んでいただきました。たった4時間で、全員が絵コンテを作るところから、アプリを使って音楽+テキスト入力も網羅したストーリー性の高い動画作品ができるまでに上達!普段スマホを使っている方は、コツさえつかんでいただければ上達が早いです。今後ご自身の活動のPRや集客ツールとして動画を使っていただけそうな手応えを感じる中、セミナーを終えることができました。

 

■その他の実施セミナー
様々なニーズに応じて、各種セミナーを開催しています。お客様のご希望に添った動画セミナーの内容をご提案させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

(過去の実施例:)

■当社が動画セミナーに力をいれるわけ…
もともと、動画制作で伝統工芸の職人さんのPRのお手伝いをしていたところ、動画の持つ力に驚いたことがきっかけです。伝統工芸品は安く大量に作るものではないので、どうしても単価が高くなります。「一つ一つ丁寧に職人が作っている」ことを購入する人に見てもらい、値段以上の価値があることを伝えるには、どしたらいいんだろう…と悩み抜いた末、行き着いたのが「動画」でした。伝統工芸の説明は、文章ではどうしても専門用語で難しくなりがちです。でも、動画を使えばもっと柔らかく感覚的に伝わるのではないか…
それが当社が動画を活用しはじめたきっかけでした。
すると、たくさんの効果があることがわかりました。

・外国人や子供など、より多くの人に伝わりやすい!
・楽しんで見ていただけ、SNS上での反響が大きい!
・イベントの告知などで、集客力がアップする!
…などです。

ただ、動画の外注はいくら安くても数万円はかかるため、定期的なSNSへのアップなどにはコスト面でニーズと合いません。

一方、今はたくさんの便利な動画制作アプリなどが、無料で使えます。

そこで、職人さん・作家さんがご自身の力でも動画を作れるように、という想いから「スマホでつくる動画制作セミナー」=わずか半日で動画制作アプリを使えるようになるセミナーを考案しました。

アプリは特別なものではなく、無料で手に入る一般的なものを使っています。
また、三脚や自撮り棒も、100円~1000円程で手に入るものをご紹介させていただき、セミナー受講後にご自身でトライしやすい内容にしています。

普段スマホを使っている方にとっては、実は動画制作は思ったほど難しくないです。セミナーが終わる時間にはほとんどの人がアプリをサクサク使いこなしていらっしゃいます。

普段のSNSへの活動紹介アップなどでは、自分でアプリで作った動画を使い、ホームページのトップ画面で使うようなメインの動画は外注する…など、職人さん・作家さん自身が動画制作の方法を使い分けられるようになっていただければ、動画PRはもっと身近なものになると思います。