基本的価値観

TIME and DESIGNの名前の由来

door

効率的に大量にモノが生産されるしくみが一般的な世の中。身の回りを見渡すと、大量生産で作られた安い製品やファストファッション等が多く見受けられます。一方で、日本には作るのに時間はかかり、値段も安くないけど、ずっと使いたくなるようなものを手作業で作っている人がたくさんいます。彼らの作ったものは、手でつくられた温かみがあり、ずっと大切に使っていたくなるものばかりです。そういった「じかん」のかかるものづくりを、「デザイン」の力で応援したい。そんな思いでTIME and DESIGN は生まれました。

 

私たちが達成したいこと

steps

「デザイン」と言っても、商品の最終的な形態を考えるプロダクトデザインや、それを売るためのウェブサイトやパンフレット等の広告デザインだけに取り組むわけではありません。私たちは、伝統工芸をはじめとした時間のかかるものづくりには、制作途中にこそ価値があると思っています。今までなかなかお客様の目には見えなかった、制作途中の職人さんの手仕事の様子を、もっと楽しく、もっと多くの人に伝えること。そしてそれをきっかけに伝統工芸のものづくりに興味をもってもらい、ビジネスにつなげること。それが私たちが達成すべき事だと考えます。